お知らせ /WHAT'S NEW

2018/06/09

このふるいあかりたちから山脈が。

 

今年の展示会のテーマの「 山に灯るあかり 」。

大きめの白木のフレームがあるので、その中にあかりの山脈を作ろうと。

 

今回のDMもランプシェードの一部が松本、安曇野のシンボル、

常念岳と槍ヶ岳の夕陽に山稜が

シルエットで浮かび上がったイメージです。

 

いろいろと構想を山脈のようにつなぎ合わせて膨らませています。

 

 

だんだんとエンジンがかかって来ています。

 

6合目あたりを喘ぎ喘ぎ。。

 

 

2018/06/01

今回の展示会への「松本界隈のあかり」の1点が完成。

今年のふるいあかり展では、旧司祭館のあかりに加えて

松本市内のあちこちに残る風合い深いあかりのある風景を作品化します。

このステンドグラスのあかりは松本駅前の老舗レストランにあるあかりです。

そのあかりの時間を巻き戻そうと、リバーサルフィルム(ポジフィルム、スライドに仕上がるもの)を、

デジタル一眼レフに座を奪われていて出番がなかったNikonF3で撮影しました。

そして出力用紙としては、

越前和紙の局紙が基材の用紙に刷り上げてみました。

和紙繊維の持つ煌めきが、

あたかも時間を戻した光が放たれてるように

仕上がっています。

2018/05/26

今年のメインの山に灯るあかりに続く展示は、

こんな感じに黒ぶち額に八つ切サイズでいこうかと。

素材はやっぱり旧司祭館のふるいあかりたち。

それをひさびさにポジフィルムで撮りました。

デジタルで撮ったものより少し当時の明治時代の雰囲気に近づけた気がします。

この建物が残る開智の地からも、背景に常念岳がそびえていますので、

夕方にはまさに、山に灯る風景がそこにあります。

977F5293-DE95-4611-9B65-C1209AA3577A.jpeg 

 

2018/05/22

展示用の黒い額縁に合わせてみました。

先日試し刷りしたものをシンプルで前回も使った黒い枠の額縁に合わせてみました。

 

うん。

 

去年のデジタル一眼レフカメラで撮ったカチッとした仕上がりに比べ、やはりアナログのフィルムの表現はなんかいいもんです〜

ホッとする感じ。

 

今年は展示も3度目、この仕上がり具合で行こうと思います。

2018/05/21

ふるいあかりたち3展に向けて製作中!

昨日現像が上がって来た期限切れポジフィルムから

フィルムスキャナーでデータ化し、iMacの前に座って

越前和紙の局紙にインクジェットコートした用紙で試し摺りしてみました。

 

なかなかなか、

ノスタルジー溢れる感じに仕上がったかと。

 

デジタル一眼レフでカッチリ撮ったあかりよりも

明治感がとっぷり出てます。

今度は夕暮れ時に山に灯るあかりを狙いに行かなきゃ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10